誰にも似ていない 無添加オーガニック ビール純粋令

小樽ビールの歴史

知られざる、小樽ビールの遥か長い歴史



 小樽ビールの歴史の原点は、今から250年以上も前のドイツ ・マルブルグという町の近くの小さな村。

 小樽ビールの醸造責任者、ブラウマイスターのヨハネス・ブラウンの先祖にあたるピーター・シュニックは、この小さな村でビール醸造所と宿泊所を営んでいました。
この場所から、この小さな醸造所の醸造精神や醸造技術を、小樽ビールは現代に受け継いでいます。

 「製造過程」からもわかるよう、小樽ビールは、ピーター・シュニックがビールを醸造していた時代と基本的に同じ醸造方法で作られています。

 この伝統的な製法を小樽ビールが用いる理由はただひとつ。伝統的な醸造方法は、現代のビール製造技術で大量生産されるビールよりも、遥かに品質の高いビールを作ることができるからです。

お客様に最高の品質のビールを作り続けるためにも、小樽ビールはこの旧き良き伝統的な製法にこだわり続けるのです。

 小樽ビール銭函醸造所では、ピーター・シュニックの写真をはじめ、実際に当時使われていたミキサー、当時の手書きの領収書の実物など、様々な歴史的資料をご覧いただけます。是非醸造所見学で小樽ビールの知られざる歴史に触れてみてください。