誰にも似ていない 無添加オーガニック ビール純粋令

Schwarz/シュヴァルツ

旧東ドイツ伝統の黒ビール

シュヴァルツビールが初めて醸造されたのは、1543年頃、ドイツ東の部でした。
シュヴァルツビールは、その栄養価の高さから、冬の寒さの厳しい時期に好まれたようで、特に厳寒期でも屋外で長時間の労働をする男性達が大変好んで飲んだそうです。

小樽ビールでは、伝統的なものよりもやや軽めのシュヴァルツビールを醸造しています。

アルコール度数は4.8%。英国ではチョコレートモルトと呼ばれるダークモルトを使用し、下面発酵させました。爽やかなのどごし、チョコレートのような味わい、4.8%と比較的低めのアルコール度数が、夏に大変良く合うビールです。

小樽ビールでは、毎年夏に札幌創成川公園で開催するビアガーデンに合わせてシュヴァルツビールを醸造しています。いつも大人気です。